書評感想

アクセスカウンタ

zoom RSS 弁護士が教える 本当は解決できる為替デリバティブの被害 ◆弁護士法人アディーレ法律事務所

<<   作成日時 : 2017/03/20 11:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

銀行が中小企業に売っていたものは『コールオプションの買い』と
『プットオプションの売り』を組み合わせたもの。

そして、『ノックアウト条項』などの特約が付いたもの。
銀行が設定した円安方向の、設定金額に達すると
それ以降の『コールオプションの買い』と『プットオプションの売り』
の権利が消滅します。
ゲームセットになります。

簡単に言うと
銀行が大負けしそうになると
この辺で勘弁してよと言われちゃいます。

オプション取引ですので中小企業の儲けは銀行の損害。
銀行の儲けは中小企業の損害となりますので。


『ノックアウト条項』に似た特約で『デジタルオプション』の特約
というものあります。
銀行が設定した円安方向の、設定金額に達しないと0円。
その銀行が設定した金額を超えて、円安になっても
その設定以上の金額は貰えない。

つまり、ワンペアであがってもお金は貰えず、
ロイヤルフラッシュであがったからといって大金が貰える訳では無く、
ストレートであがった位の金額が貰えるだけみたいな話か。

そしてまだまだある。
レバレッジ。
『プットオプションの売り』の方がレバレッジが大きい。
銀行が儲かるのは『コールオプションの買い』ではなく
『プットオプションの売り』の方だから、
銀行側は『ノックアウト条項』か『デジタルオプション』の特約で
『コールオプションの買い』の損を鉄壁に守り、
『プットオプションの売り』のレバレッジを大きくして儲ける。

レバレッジは特約ではありませんが、
本当はもっと特約があって銀行側は鉄壁の守りなんですが
あんまり書きすぎると分かりにくくなるので
この辺で止めておきます。

特約≓胴元に有利なもの。

元気があれば何でも出来る。
特約があれば何でも出来る。

プロのオプショントレーダーから
特約が使えるんなら俺だって苦労しねえよと
ボヤキが聞こえてきそうです。


携帯「マナーモード」生みの親のシコーの倒産の一因となった
為替デリバティブってこの商品ですかね?

弁護士が教える 本当は解決できる為替デリバティブの被害 
弁護士法人アディーレ法律事務所

良い本でした。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
弁護士が教える 本当は解決できる為替デリバティブの被害 ◆弁護士法人アディーレ法律事務所 書評感想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる