書評感想

アクセスカウンタ

zoom RSS 偶然を生きる 冲方丁

<<   作成日時 : 2018/02/12 14:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自由は、いかなる種類の安定も持たないことにあるのです。
クリシュナムルティの言葉です。
そもそも、世の中は日々刻刻と変化し続けるのだから
安定なんてそもそも存在しないんだよと。

この本で冲方さんも同じようなことをおっしゃっていました。


偶然を生きる 冲方丁
画像


ある状況への最適化は常に代償を伴います。
最適化とは見方を変えれば周りの環境やシステムに最大限の依存をしていることです。

それだけにわずかなバランスの崩れが致命的な結果を招きます。
恐竜の身体も危うい均衡を保っていました。
このような巨体は捕食者から身を守るために最適化されたものですが
ある状況への最適化は常に代償を伴います。
by ミシガン州立大学 進化生物学者 リチャードレンスキー

安定はかえって秩序を危うくする。
関係や信念や行為のどこにも安定などはない。
そしてそのありもしないものを追い求めるがゆえに、
われわれはかえって周囲に無秩序をもたらしてしまう。
安定志向こそは実際には無秩序の原因なのである。by クリシュナムルティ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
偶然を生きる 冲方丁 書評感想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる